Lastier / SkY [レビュー]


Lastier / SkY

●収録曲
01.SkY
02.FOLLOW THE WIND


Lastierのメジャーデビューシングル
ジョー・リノイエ氏のレーベルからリリースという、ちょっと意外な組み合わせ

ご存じない方でも
90年代、深夜によく放送されていた
沢山の女性達が踊る、武富士のCMで流れていた曲の作曲者と言えば
ジョー・リノイエ氏の事が少し分かるかもしれません(笑)

Lastierと言えば思い出すのは、やはりブレイクアウト
日本海をバックにPVを製作するシーンだったり
レコーディング前に、同じく新潟で活動していたKAORU(L'luvia)に
心配そうにアドバイスをもらっていたり
竜市が楽器屋でバイトをしているシーンが映されたりと
他のバンドよりも、より多くのドキュメントが流れたイメージがあります

そんなLastieが満を持してのメジャーデビューシングル
表題曲の「SkY」は、竜市の声を生かした哀愁漂うメロディーと
イントロとアウトロで流れるギターソロ
もう、これだけでも掴みはバッチリで
オリコン最高20位だったのが信じられないくらいです

カップリングの「FOOLOW THE WIND」は一転して爽やかな楽曲で
「SkY」のPVで演奏していたLastierからは、想像出来ないくらいのギャップがあります(笑)
※「新潟テレビ21 '98 夏の高校野球中継」のテーマ曲だったとか...


2012年に開催された震災復興チャリティーライブでは
「SkY」が本編ラストとアンコールで計2回演奏されています
自他共に認める、Lastierの代表曲と言っても良いですよね

関連記事

ROUAGE / 月の素顔 [レビュー]

noimage.jpg
ROUAGE / 月の素顔

●収録曲
01.月の素顔
02.蜃気楼


ROUAGEメジャー4枚目のシングルで
2ndアルバム「MIND」からのシングルカット

元々は1996年8月6日に中野サンプラザで行われたライブで配布された
「月の素顔 -Other wise-」の新録バージョンになります

ヴィジュアル系が盛り上がっていた背景もあるのでしょうが
キャパシティが2222人もある中野サンプラザで配布って凄いです
余談ですが、PENICILLINは武道館で配布してましたもんね...

「月の素顔」は「MIND」を締める6分近くある大曲で
今までのROUAGEには無かったストレートなバラード
シングルカットされるに相応しい曲ではあるのですが
カップリングの「蜃気楼」の存在感が突き抜けてるのが、このシングルの特徴で
ファンの支持もこちらの方が強いイメージがあります

そんな「蜃気楼」は、これぞ「ROUAGEの王道」と言ったSHONO作曲のナンバーで
「Queen」「insomnia」「白い闇」、「蜃気楼」、「ever[blue]」という流れになっていたとしても
全然違和感の無い、むしろシックリくるくらいの名曲

ベストアルバム「カルチャー」に収録されているのはアカペラバージョンなので
バンドバージョンは8cmCD版でしか聴けないのが非常に勿体無いです

90年代のヴィジュアル系バンドが好きで、この曲をご存じ無い方は
是非、機会があれば聴いてみて欲しいです。殆どの方がこの曲調に頷いてしまうと思います

関連記事

V.A . / BLACK MARKET 1997 Vol.2 [レビュー]

140424.jpg
V.A . / BLACK MARKET 1997 Vol.2

●収録曲
01.KREIZ / CLeiR
02.Remenber / SUTH:VISIOUS
03.Infinity Love / LA VALLIERE
04."17" ~seventeen~ ANGEL DUST
05.sin decade / Eye for you
06.Miserable / GRUDGE CURSE
07.REAL / JACK UP
08.遠回りの午後 / KRUITZ
09.Cradle of Labyrinth ~TYPE B~ / MIRAGE


1997年にエクセルミュージックから発売されたヴィジュアル系バンドのオムニバス

Matina主宰のKISAKIが在籍するMIRAGE
そして、後にMatinaの東京支部Eternalの代表になる弥生の在籍するANGEL DUSTと
北海道支部代表のToshiAが在籍するSUTH:VISIOUSが参加しており
KISAKI主導のラインナップで構成されています

そんなこのオムニバスですが
古き良き90年代が詰まっています

SUTH:VISIOUSのメロディー重視の誰でも聴けるソフビ的楽曲
LA VALLIEREのシンセをバックに細い声で淡々と歌い、コード進行、アレンジがこれぞ90年代V系的曲
GRUDGE CURSEの歌詞には「ファミコン」「ビデオ」「MD」という単語が出てきたり(笑)

個人的な一押しのJACK UPは
こんなにヴォーカルが上手くて曲も良いのに、ヴィジュアル系界隈で名前を聞かなかったんだろうと不思議なくらい
もしかしたら、主戦場はV系では無かったのかな...?
で、そんな流れをKISAKI率いるMIRAGEが締める、という流れ

全バンドがストライクゾーンという方はなかなか居ないと思いますが
絶対に心に残る曲が1曲はあると思いますし
ヴィジュアル系と言っても、その楽曲のジャンルは様々なんだと感じる事が出来る1枚です


ちなみに、このオムニバス
発売前の告知では、参加バンドにJanne Da Arcが名を連ねていました
実現しなかったのは、ブレイクアウトが影響しているのかな...(笑)
聴いてみたかったです

関連記事

JILS / 赤い花(配布) [レビュー]

noimage.jpg
■JILS / 赤い花(配布)

●収録曲
01.赤い花


幸也(D≒SIRE)、舜(Vasalla)、MARIKI(ZENITH)という編成でスタートした
JILSの初ライブで配布されたCDです
ちなみに、初ライブではPlastic Tree加入前のササブチヒロシ氏がサポートで叩いていました

この日のライブでも1曲目とラストで演奏され
以後10年もの長い期間、クリスマスイブの新宿ロフトで
「赤い花」と題したライブを開催する程のJILSの代表曲です

MCでは、レコーディングに使用した新しい機材の影響で、クオリティ的には満足していない事を口にしていましたが
逆にそのMixの「粗さ」がバンドの初期衝動を感じで個人的には好きでした

幸也氏の歴代バンドは、ライブの最後に演奏される様な
ファンが大好きな曲を音源化しなかったり、流通に乗せない事が多々あり
この「赤い花」もそんな中の1曲で、発表される物はアコースティックバージョンばかりで
ようやく新録版ながらも購入して聴ける様になったのが、新宿ロフト30周年記念オムニバスの
「ROCK is LOFT -Green Disc- ~SHINJUKU LOFT 30th ANNIVERSARY~」でした

こちらのバージョンもめちゃくちゃかっこ良いのですが
やはり、妙にキンキンシャリシャリした音の配布版の赤い花なんですよね


マキシシングルの「YOU」では、途中でフェードアウトしてしまいますが収録されていますので
聴いた事が無い方は、こちらなら簡単にお安く入手出来ると思います

関連記事

GLAY / 灰とダイヤモンド [レビュー]


GLAY / 灰とダイヤモンド

●収録曲
01.真夏の扉
02.彼女の“Modern…”
03.KISSIN’NOISE
04.ひどくありふれたホワイトノイズをくれ
05.RAIN
06.LADY CLOSE
07.TWO BELL SILENCE
08.千ノナイフガ胸ヲ刺ス
09.BURST
10.if~灰とダイヤモンド~


エクスタシーレコードからリリースされた
GLAYのインディーズ時代のフルアルバム
来月、発売20周年を記念して発売される「灰とダイヤモンドAnthology」のオリジナル盤

GLAYがエクスタシーレーベルからのリリースに辺り
主宰のYOSHIKI氏に、上下関係の事やお酒が飲めないと駄目なのかを聞き心配した等
楽曲以外にも、GLAYらしいエピソードが沢山詰まったアルバムですね

収録曲楽曲では「RAIN」「真夏の扉」「彼女の“Modern…”」がメジャーデビュー後にシングル化されたり
「千ノナイフガ胸ヲ刺ス」「TWO BELL SILENCE」「BURST」は後に新録され発表されたりと
既に、この時からGLAYというバンドがある意味完成されていたのではないかと感じます

ちなみに、上記で書いたGLAYがエクスタシーに所属する際のやりとりで
「YOSHIKIさんにピアノを弾いて欲しい」とTAKUROがお願いして実現したのが
メジャーデビューシングルにもなった「RAIN」なんですが
この曲、メジャーデビューシングルなのにライブで全然演りません

そのリベンジ(?)なのかは分かりませんが
この度発売される「灰とダイヤモンドAnthology」では
「RAIN」の原曲「JULIA」のデモ音源が収録されているのがとても興味深いです
※「ひどくありふれたホワイトノイズをくれ」の原曲「TEARS SONG」も楽しみ

その他、この時代いくらでも写真の加工が出来るのに
当時のドラマーAIKIRAが、ちゃんとジャケットに存在しているのも良いですね(盤面には居ないようです)


ちなみに、呼び名が「灰とダイヤモンド」なんですが
歌詞のページのみ「if~灰とダイアモンド~」と表記が違うのが購入時から気になっています(笑)

関連記事

ZENITH / SEPIA(ビデオ) [レビュー]

140422-6.jpg
■ZENITH / SEPIA(ビデオ)

●収録曲
01.SEPIA


関西を中心に活動していたZENITHのビデオ
「SEPIA」のライブ映像をバックに曲が流れるPV仕様です

なんだかブート映像みたいな色合いですが
基本的にこんな感じでずっと収録されています、画質は鮮明ですが(笑)
140422-7.jpg

実は、ZENITH活動中にはこれを観ていなくて
幸也(D≒SIRE)とバンドを組んだMARIKI(ZENITH)と言った感じで
遡ってこの映像に辿り着きました

幸也氏と同じステージでやっていくとはとても思えない
フロアにニコニコ笑顔を振りまくステージングがこれでもかと映し出されています

比べる物でもありませんが、D≒SIREが纏っていた全体的にアンダーグラウンドな雰囲気を
JILSがメジャー感ある「白い」方向に持って行けたのは間違いなく
MARIKIさんの音とキャラによる影響が大きかったと思います


そんなMARIKIさんの原点が収録されているビデオ
収録曲「SEPIA」も個人的に「FALL RAIN」と並んで好きな曲でお奨めです

関連記事

LU+CA / LU+CA(ビデオ) [レビュー]

140422-3.jpg
■LU+CA / LU+CA(ビデオ)

●収録曲
OP.出会い
01.FROSTY DISTANCE
02.追われし者
ED.出会い


LU+CAがインディーズ時代にリリースしたビデオ
内容は、ライブハウスで演奏さているシーンが収録されており(当て振り)
PV集と言った感じの仕上がりになっています

罪歌、SHUJI、純、十死、RENの編成になってからの代表曲「FROSTY DISTANCE」と
前編成時のデモテープに収録されていた「追われし者」が収録
断片的に、ブレイクアウトでも流れていたので目にした方も多いと思います
140422-5.jpg
オープニング、エンドロールで使用されているインストは「出会い」というタイトルで
こちらは、「歌もの」として過去のデモテープには収録されていました

140422-4.jpg

とても手作り感溢れ、これぞインディーズという最近は見られない雰囲気が画面から伝わります
そして、やっぱりLU+CAはこのロゴだよね、と思うのです

このビデオを購入した当時、感想を何処かに書いたんですが
LU+CAのスタッフさん(マネージャーだったかな)のあにやんさんという方がわざわざお礼のレスを下さり
嬉しさと驚きで、その事が今でも記憶に残っています

関連記事

PIERROT / ラストレター [レビュー]


PIERROT / ラストレター

●収録曲
01.ラストレター
02.Labyrinth~鏡には映らない君が~


PIERROTが1999年にリリースしたメジャー4枚目のシングル
カップリングには「ピエロ」時代のデモテープに収録されていた
「Labyrinth~鏡には映らない君が~」が新録で復活
初回盤は豪華装丁に加え、キリトの小説「チェリー・トゥリーズ」が付属
この小説は、歌詞の意味を深く知る上でとても重要な役割を担っているので
これから聴く方は、是非8cmの初回盤を探してみてください

「ラストレター」はこれまでリリースしたシングルとは雰囲気がガラリと一変し
ストレートな「聴かせる」バラードで、歌詞のテーマも戦争が題材になっており
個人的にはPIERROTっぽくないな、というイメージが当時ありましたが
結果的には約15万枚を売り上げ、PIERROTで一番売れたシングルになりました

PIERROTは2回、Mステ(ミュージックステーション)に出演しており、その1回目がこの「ラストレター」でした
140422-1.jpg

タモリさんとのトークでは、「体操部だったが鉄棒が苦手だった。高所恐怖症だから」
「バク転なんか色々やってたんで、さっきのジャニーズJr.の踊りなんか見て居ても立っても居られない」と場を沸かし
ジャニーズJr.へのアドバイスは?というタモリさんの振りには
「やがてはマッチさんの様に...」と終始和やかに出演終了しました


Mステの話になってしまったので、2回目の「CREATURE」の話題も
140422-2.jpg

「CREATURE」出演時と言ったら、演奏後にキリトがマイクスタンドを叩きつけ、更に持ち上げて倒すシーン
これが切欠で、PIERROTがMステ(ミュージックステーション)を出禁になったと言われています
真偽の程は不明ですし、倒した事により壊れてしまったのが原因という説もあります


黒夢が「SEE YOU」で出演した時に、清春がマイクを軽く手放し
「ポコーン」と響く音が鳴ってしまった事があるんですが、SADSでも出演しましたし
「投げる」「倒す」という行為はあまり関係ないかもしれませんね

持ち込んだマイクスタンドだったら壊しても大丈夫だったのかな?、とか考えちゃいます
いや、そもそも「噂」レベルなんですが

関連記事

PIERROT / CELLULOID [レビュー]


PIERROT / CELLULOID

●収録曲
01.セルロイド
02.Adolf
03.脳内モルヒネ
04.Twelve
05.鬼と桜
06.HUMAN GATE


PIERROTがインディーズ時代にリリースしたミニアルバム、1997年発売
ブックレットが豪華仕様なので、プラケースも通常より厚みがあって存在感があります
BMGビクターの「このバンドを売ろう」という気合いも伝わってきます(笑)


ヴィジュアル系バンドの音源では珍しくスラップが聴ける「セルロイド」
キリトの腕の「振り」で有名な「Adolf」
TAKEOが作曲クレジットに名を連ねる「Twelve」(個人的にはこの音源で一番好き)
タイトルのインパクトもあって、歌詞の世界観が目の前に広がる「鬼と桜」
ライブのラストナンバーとして多く演奏された「HUMAN GATE」

そんな中でも、やはりメインで触れたいのが「脳内モルヒネ」です
この楽曲で、PIERROT初のPVが製作されましたが
何故「脳内モルヒネ」に触れるのかと言うと
潤のシンセギターの存在です

LUNA SEAがブレイクした以降の、ツインギターのヴィジュアル系バンドは
リードの歪みとクリーントーンのアルペジオというパターンが非常に「王道」として定着していましたが
そんな状況の中、シンセギターで、本来同期で流すようなシーケンスパターンを潤がギターで弾くという
PIERROTの新しい「世界観」がこの「脳内モルヒネ」で最も集約されていたと感じます


この作品は「セルロイド」という存在が、人間の世界を観ているというコンセプトがありますが
アルバムの最後に収録されている扉の音について、キリトが
扉を開けて人間の世界に出て行ったのか、嫌になって扉を閉じたのか...
と言う、結末の正解は語りませんでしたが、その話も印象に残っていて、思い出に残る1枚です

関連記事

ピエロ(PIERROT) / パンドラの匣 [レビュー]


ピエロ(PIERROT) / パンドラの匣

●収録曲
01.自殺の理由
02.青い空の下...
03.利己的な遺伝子
04.KEY WORD
05.ドラキュラ
06.満月に照らされた最後の言葉
07.Far East~大陸に向かって~
08.メギドの丘
09.SEPIA
10.「天と地」と「0と1」と


ヴォーカルHIDELOW、ドラムLUKAが脱退し
現在の編成になっての1stフルアルバム、1996年リリース
間違いなく、V系史上に残る名盤です

自分はテレビ朝日で放送している(放送していた)ブレイクアウトで
「ドラキュラ」のライブ映像を見たのがピエロ(PIERROT)を知る最初の出会いで
そこから「パンドラの匣」に辿り着きましたが、そういう方も多いのではないでしょうか

「満月に照らされた最後の言葉」はこの編成になっての初の楽曲であったり
「ドラキュラ」のレコーディングの時、ギターの入るタイミングでアイジが苦戦した話とか
色々あるエピソードの中で自分が一番好きな物があります

それは、キリトがパーソナリティーを務めていた「NEO BRAIN PERSON」というラジオ番組内で
PIERROTの楽曲の「歌詞」について語るコーナーがあったんですが
「SEPIA」が題材になった時に、キリトが
「僕も、こういう恋愛をした事がありました」と言った事です

例えそうだとしても、「物語風です」とか「友達の事です」と語るミュージシャンが多いですし
それこそ、「パンドラの匣」の構築された歌詞の世界観からすれば
そう断言してしまっても良いのに、電波を通してキリト自身が口にした事が凄く意外だったんです
そして、それが凄く嬉しかったんですよね

妙にクールと思えば、潤とじゃれあったりと飄々としたイメージだったキリトに
「人間味」と言うか「男くささ」みたいな物を感じて、このアルバム
そして「SEPIA」が更に大好きになる切欠にもなりました

関連記事
--
カテゴリ
記事検索
最新記事
ユーザータグ

セットリスト LIST SET セトリ LUNA SEA GLAY DIR EN GREY BUCK-TICK LUNASEA DIAURA VAMPS HYDE MUCC ムック MERRY ユナイト 黒夢 UNiTE 清春 メリー LIPHLICH えんそく アルルカン SCAPEGOAT ナイトメア INORAN Moran Plastic J シド Tree HERO SUGIZO SID heidi. lynch. AvelCain 幸也 JILS NIGHTMARE ラルク PENICILLIN BugLug NoGoD カメレオ Lycaon DEZERT ABC PlasticTree Kra GOTCHAROCKA BORN yasu Angelo L'Arc~en~Ciel キリト Cherry Acid 花少年バディーズ 楽譜 vistlip 金爆 wyse XJAPAN ゴールデンボンバー Black DaizyStripper cali≠gari ガゼット レビュー Waive 杉本善徳 D≒SIRE umbrella スコア  MEJIBRAY 河村隆一 プロフィール Lament. カラオケ R指定 名言 Kαin Sadie ギルガメッシュ PIERROT 復活 REBOOT 歌月大五郎 DIV DuelJewel RYUICHI LU+CA More 中古 ν[NEU] 摩天楼オペラ SCREW ギガマウス グリーヴァ ニコニコ動画 DOGinThe defspiral ノクブラ バロック GazettE 真矢 ディル YouTube ダウト C4 the baroque Sel’m GULLET Laputa 機材 Gazette STEALTH SOPHIA La'Mule サイコルシェイム Raphael PsycholeCemu ジン HOLLOWGRAM kein Versailles 松岡充 ViViD 最高音 音域 アンカフェ アンティック-珈琲店- AND MARY JUDY Eins:Vier X V系 コード進行 LUNACY ビジュアル系 通販 Janne ヴィジュアル系 ジャンヌ 己龍 cune MASCHERA Gackt メガマソ Blu-BiLLioN 東京ドーム theGazettE 12012 ニコ生 D'ERLANGER TAKURO SADS YOSHIKI ENDLESS sukekiyo SuG 瀧川一郎 TOKI CRAZE Royz DVD DearLoving 宇宙戦隊NOIZ 武道館 SHADE SHIGE WOWOW SIAM ZIGZO CELL ギター 田澤孝介 アルバム 石月努 La'cryma D Christi 樹威 cocklobin ラクリマ emmuree ROUAGE yohiaco yazzmad KAMIJO ライブスケジュール KIDDIE YUKI FANATICCRISIS KISAKI LM.C ジュディマリ 地獄絵 覇叉羅 黒服 MALICEMIZER VogusImage Alice Nine L'Arc-en-Ciel 梶永大士 アヲイ Vasalla TRANSTICNERVE 雫... サッカー 生熊耕治 AliceNine ベスト Zepp aie A9 ベース Jupiter 新曲 MeteoroiD 動画 TERU 小林亮三 マスケラ ambergris 3.11 ライブ 東日本大震災 オムニバス Lastier DIRENGREY KneuklidRomance Ray 香港 DAIGO HISASHI ニュークリ バンドスコア DIEINCRIES 大阪 人時 LAREINE D'espairsRay BREAKERZ CLOSE hide ALvino DEATHGAZE You  ラスティア LUNATICFEST. テレビ LubisCadir Tube AcidBlackCherry カウントダウン Ruellia 本名 アメリカ 未発表曲 NeiL Ize 名前 隠しトラック シークレットトラック 日本武道館 ランキング rice 牧田拓磨 BOOWY Blue ギルド Dolly Noi'X MIZER  日本代表 DASEIN MALICE MIRAGE Out Break GRASS BY-SEXUAL 台湾 レア曲 LUCHe. ブレイクアウト 月森 再結成 SHAZNA 再始動 JIRO FANATIC aki 鈴木新 IN 彩冷える D'elsquel Galruda 神戸 雑誌 渋谷 PROMISE Syndrome MICHAEL ILLUMINA 台北 OUT ジャニーズ BLACK TV 9GOATS EDEN Jリーグ 四天王 Due`lequartz CRISIS MIYAVI PV  GiGS NightingeiL アンド Brack 赤い花 再起動 THE KEEL Ya-foo DAY 蜉蝣 RAZOR Arc トリビュート 配信 華月 ギルト 鬼龍院翔 ドレミ團 布袋 大佑 Lamiel ホタル YA-SU 中島卓偉 インタビュー 氷室  IZAM D-SHADE LIVE 黒服限定 JAPAN 難波 AYABIE 藤崎賢一 20周年 hyde Initial'L 原曲者 機材紹介 解散 ドラム Da 名古屋 未音源化 L'Arc  25周年 ルナフェス RYUCHI 仙台貨物 LIZARD'STAIL 未音源 CASCADE CreatureCreature 3D TETSU DAS:VASSER DEADEND  ALSDEAD MORRY 氷室京介 BSフジ GACKT SIAMSHADE 使用機材 コダマユタカ MisticMoon ドイツ CD キャパ 今井寿 人格ラヂオ ホール Bass  TAKUI 町田 中村泰造 Shibuya TAKUMA CM 横浜 大北公登 代々木第一体育館 VisualJapanSummit 代々木 MerryGoRound e.mu 野音 deadman HIDE デモ 大阪城 セルフカバー 仙台 ライブハウス Kagrra ν[NEU] 赤坂 波音 美流沙女 さいたま Junji NHK 収容人数 募金 theLEM 活動休止 布袋寅泰 キャパシティ twitter La'mule LUCA カリガリ lynch RUKA さいたまスーパーアリーナ 逹瑯 グッズ YOMI 配布 STRAYPIGVANGUARD  原曲 babysitter S 特典 ken 拓磨 HAKUEI デランジェ HIRO Ravecraft Fatima 味スタ ヤガミトール ドキュメント KAZUKI Deshabillz BOX 大阪城ホール UST 万作 Tomoi お願いランキング WAIL Bangkok たまアリ プロ野球 鹿鳴館 生中継 AKB48 Luv'ra-Doll 3minutes Fender TOKIO 都啓一 JanneDaArc 弥生 吉井和哉 幕張 韓国 渋谷公会堂 アリーナ 天野攸紀 新宿ロフト フェス 福岡 tetsuya サマソニ 歌詞 ESP a-nation 有村竜太朗 Die Crack6 アインスフィア 特番 tetsu 降臨 Mステ World 偽聖飢魔Ⅱ 櫻井敦司 重大発表 AKBINGO Tour NHKホール 木村カエラ Merry-Go-Round Sads Nightmare ガラ  新宿 ZI:KILL マオ Tourbillon 無敵バンド ジャンヌダルク デモテープ 真夏の野外 test-No. 咲人 JUSTY-NASTY タッキー&翼 GIGS 東京 Wyse アイジ Guitar 玲央 BAISER 葉月 gris 記者会見 滝川一郎 ピエトロ ToshI ベルベット BODY amber Phobia 一番くじ JZEIL Kreis RHEDORIC 椎名林檎 Lady Aftereffect allureidea YUKKE Rayflower ARIHITO DIMMDIVISION. WITHSEXY SETLIST 栄喜 難波章浩 SleepMyDear 対談 DAITA ZENITH 関ジャニ∞ L'luvia Kill=Slayd 氣志團 シャ乱Q avex 映画 DIE-ZW3E 明希 SPEED-iD Kill=slayd BOφWY grey MissingTear  横浜アリーナ Hi-STANDARD heath FOOL'SMATE ヴィドール デザビエ ブルーハーツ Philia Eze:quL 野球 PlastcTree 高校野球 LAST ブランドX LINDBERG ピエロ YFC 聖飢魔II 越中睦士 未発表 NightingaiL KAZUMA VINYL マリスミゼル USA Kein ミサ EXILE ゆうや 9GOATSBLACKOUT Toshiya RESEARCH 吉川晃司 太鼓の達人 KOJI COMPLEX Orphee 天雷軒 Da’vidノ使徒:aL Shulla 村井研次郎 Vivid 竜太朗 ν[NEU] HEATH アニソン ryo LOUDNESS オリンピック Ni~ya 脱退 失踪 TESTU DEVELOP=FRAME JeauL ライチ☆光クラブ 写真集 Cemu 東京事変 コドモ 達瑯 ジッタリンジン CLφWD 桜井青 横浜スタジアム 真冬の野外 高橋まこと 櫻井翔 GISHO Shinji れいた Psycho le en Dear  Dir Lc5 mori 円盤屋 theFUZZ CAPACITY∞ LASTLIP Da'vidノ使徒:aL Λucifer AION 未散 FINALACT 秀誉 和也 Shun vellaDonna Gill'ecadith 尾張桜組 Kaya CROW-SIS 森岡賢 D'espairs Hide Sel'm AUBE KAT-TUN SHAZA Taipei HIZAKI Lavender La'crymaChristi ペンタゴン Lagna P'UNK~EN~CIEL ze零ro 西川貴教 KleinKaiser SHUSE 星野英彦 DoLLs-eyE ライカエジソン kazu 非難GOGO Morrie SMAP ベリィ QUASAR PsycholeCému 月と海 自主盤倶楽部 ジュイ 非難GO-GO LEVIN Of-J 黒蝪蝶 中村敦 KATZE TOSHI 歌月 浅葱 ZI÷KILL Ruiza 沢田泰司 堕天使 Delasine CL決勝 アリス九號.  DALIAN 高樹町ミサイルズ ルカ 櫻井有紀 Matina 閃-hirameki- GillesdeRais DERAIL Duelequartz こー ピロカルピン ゲノ 御剣-Mitsurugi- EX-ANS Luis-Mary machine BreakOut JUDYANDMARY なでしこ L'yse:nore 東京ヤンキース DEFLOWER イエモン BUMPOFCHICKEN 川本真琴 ZONE リュシフェル ダウンロード ヒスブル mp3 theblliantgreen ブリグリ 石井秀仁 ミドリ DopeHEADz shame rephit PATA Hysteric JAM 森友嵐士 淳士 毛皮のマリーズ 東京スカパラダイスオーケストラ SHULA GARDEN Vizell NATCHIN 雀羅 ジュンスカ 千聖 O-JIRO Madethgray'll Eze:quL 相対性理論 椿屋四重奏 復活ライブ FAKE? LANDZ 黄泉 ファナティッククライシス ゆきの シークレット ルキ FAKE? Platina OZ MACHINEGUNS heidi 宮崎京一 イヴ J-WAVE ka-yu JOVO Toshi yukihiro Whiteberry JITTERIN'JINN 凛として時雨 Shinya SATOち J-POP ミヤ 怜我 mediayouth HIROKI スカパラ 中島美嘉 RADWIMPS GO!GO!7188 ドリカム HIBIKI MISTRUST STELLAMARIA SHAKALABBITS AMADEUS ZIZ 室姫深 Kozi Pleur MARY☆RUE ピュエラ PENICLLIN gaia STAY Luinspear Lu:Re PoisonousDoll HYPERMANIA KneuKlidRomance DOWNER ポルノグラフィティ KEN YUJI Silver-Rose NEED Da'vidノ使徒:aL WANDS yabuki 弥舞姫 S.K.I.N. VIDOLL hitomi ラピュータ L’Arc-en-Ciel 板谷祐 Yoshitsugu pero JURASSIC RaFF-CuSS Hirofumi Luna LOVE Shiver ラメ SHOXX 相川七瀬 尾崎豊 冥実誠 ファナティック 賛美歌 FANATIC◇CRISIS Buglug FUZZ シャズナ 樽美酒研二 S.Q.F MARIKI EveryLittleThing MARRY+AN+BLOOD 

QRコード
QR
プロフィール

Author:setlist
FC2ブログへようこそ!